健康な子供を産む|とてもデリケートな妊娠初期の過ごし方を考えてみよう

とてもデリケートな妊娠初期の過ごし方を考えてみよう

医師

健康な子供を産む

医師と患者

妊娠中の正しい生活

妊娠期間中は母体と赤ちゃんのために栄養をしっかりとって健康的な生活をするようにしましょう。婦人科できちんと妊娠期間中の食事を教えてくれます。昔はいいと思われていた事でも現在では違ってきていることもありますし、あまり気にしなくていい事もあります。妊婦の期間は体型を気にしてダイエットをすることは絶対にしてはダメで、きちんと栄養を摂取するのが大切です。また妊娠期間中には目標体重があって赤ちゃんが大きくなるにつれて少しずつ体重が増えていくのが理想です。目標体重よりも増加している場合は浮腫の可能性があるので産婦人科できちんとチェックするようにして、厚生省のサイトも参考にするといいです。時期で必要とするカロリーが違ってきますからその分をバナナやオレンジやナッツなどで補給していくのが理想でスナック菓子は控えた方がいいです。

食材や食べ方で工夫

妊婦はしっかりと栄養を摂取していく事が重要なのですが、つわりの時期など食べ物を受け付けない時期もあります。基本的には食べた方がいいのですが、受け付けないのであれば食べられるものだけ無理しないで摂取するといいでしょう。冷たい食べ物や酸味が強いものなどは食べやすい場合があるので食べられるものだけ少しずつ食べる工夫をすれば問題ありません。嘔吐している場合は水分不足になりやすいので、きちんと水分補給する事がポイントで定期的に飲む癖をつけた方がいいです。いろいろな情報を得たい場合は先輩の妊婦さんがどのように食事をしていたのかブログなどを参考にするのもいい方法です。妊婦が取りたい栄養には葉酸やカルシウムなどいくつかあるので食べられる調理法や食材などで工夫をするといいです。