子宮筋腫に悩む女性|とてもデリケートな妊娠初期の過ごし方を考えてみよう

とてもデリケートな妊娠初期の過ごし方を考えてみよう

医師

子宮筋腫に悩む女性

ドクター

子宮筋腫の相談は多い

女性の若年層で、昨今、乳がんや子宮がんになる人が増えています。大阪の婦人科では、そんな女性特有の病気の治療、予防検診を主に行っています。実は、大阪にある婦人科で最も相談件数が多い病気が子宮筋腫です。子宮筋腫とは、子宮に筋肉のような瘤ができる病気の事です。成人女性の約20%に上る方が、子宮筋腫になると言われています。なので、決して人事ではない病気だといえます。子宮筋腫になったとしても、大半の女性に症状がなく、普通に生活を送るケースが多いです。ただ筋腫が大きくなると、月経の血が増える、生理痛がひどくなる症状があります。あるいは、筋腫で尿管が圧迫されることで、腎臓が腫れることがまれに見られます。その他にも、受精卵の着床が妨げられることで、不妊症の原因にもなります。症状が悪化する前に、何か異変を感じたらすぐに大阪の婦人科で診てもらう事が大事です。

具体的な検診方法

子宮筋腫は、成人女性の20%近くがかかっている病気です。誰にでも起こりうるので、大阪の婦人科で定期健診を受ける必要があります。子宮は繊細な場所なので、病院での検査方法、痛くないかなど心配する人が多いです。一般的に、大阪の婦人科では子宮筋腫の検査のために超音波検査を行っています。この検査方法は、超音波を子宮がある箇所に当てて、返ってくるエコーを画像化するものです。きちんと視覚化されるので、子宮の状態を詳しく知る事ができます。また、もし子宮筋腫がある場合は、筋腫の大きさ、数、位置などを正確に把握できます。超音波検査は、全く痛みもなく、副作用も全く無いです。ただ体に超音波を当てるだけなので、すぐに終わります。なので、初めての方でも気軽に受ける事ができます。